忍者ブログ

ドラゴン桜・エンゼルバンク・三田紀房の漫画

ドラゴン桜・エンゼルバンク・クロカン・マネーの拳・銀のアンカーなど三田紀房の漫画作品を取り上げています。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


THE 21 ( ざ・にじゅういち ) 2010年 05月号 [雑誌]

THE 21 ( ざ・にじゅういち ) 2010年 05月号 [雑誌]THE 21 ( ざ・にじゅういち ) 2010年 05月号 [雑誌]

PHP研究所 刊
発売日 2010-04-10
オススメ度:★★★★★




仕事術の特集。特に第二部の執筆陣が良かった 2010-04-12
毎号買ってるわけではないけど、今回は「仕事が速い人」vs.「遅い人」は、何が違うのか?という特集に魅かれて読んでみた。


第1部の超一流の「スピード仕事術」も東大の教授、西成活裕氏をはじめ、漫画家の三田紀房氏の仕事術の紹介は良かったが、それよりも第二部の「仕事を遅らせる悪癖」改造マニュアルの執筆陣がすごい。

ライフハック界隈では有名な、佐々木正悟氏、堀正岳氏などの記事はとっても参考になった。

ただ、ちょっと盛り込み過ぎな感もある。構成とかを工夫すればもっと読みやすいと思うんだが、ぎっしりと文字が詰め込まれた記事が読みづらい気がした。

もう一度、じっくり読んでみよう。




さらに詳しい情報はコチラ≫


拍手[1回]


面接の10分前、1日前、1週間前にやるべきこと - 会場に行く電車の中でも「挽回」できる! |海老原 嗣生

面接の10分前、1日前、1週間前にやるべきこと - 会場に行く電車の中でも「挽回」できる!面接の10分前、1日前、1週間前にやるべきこと - 会場に行く電車の中でも「挽回」できる!
海老原 嗣生
プレジデント社 刊
発売日 2010-03-11
オススメ度:★★★★★




面白いですねー! 2010-09-08
知り合いのライターさんにすすめられて読みました
今も昔もあまり変わらないなぁというのと、 今の若い人たちってこういうことに悩むんだ という新しい発見もあって楽しむ読めました

でも、辛口言うとすれば、こういうことって日頃の努力かも?付け焼き刃じゃ社会に出てからすぐボロがでるでしょ?

うまいなぁ〜 2010-09-07
 
面接本とあるが
話し方・伝え方・セールス・自己啓発
すべてに関連している応用可能な基礎本。

(これ一つで自己分析・履歴書・職務経歴書も作成できそう) 

採用されるための着地点が しっかり書かれてある。
また読者を飽きさせない手法がうまいなぁ〜

 ちゃんとつくられてるなぁと 思えるのは、著者が 採用の現場のプロ中のプロ だから、余計な脂がついてなく
「これだけでいいからっ」と 言ってくれてるみたいで 非常に理解しやすい。

面接の本質をついた本 2010-06-06
数ある面接対策本の中でも秀逸な内容。

テクニックやマニュアルが横行する中、面接の本質をきちんととらえ、

それを学生でもわかりやすく設問形式・具体例をちりばめて書かれている。

この本だけ見れば、面接対策は十分だと思う。


さらに詳しい情報はコチラ≫

拍手[1回]


エンゼルバンク ドラゴン桜外伝(13) (モーニングKC) |三田 紀房

エンゼルバンク ドラゴン桜外伝(13) (モーニングKC)エンゼルバンク ドラゴン桜外伝(13) (モーニングKC)
三田 紀房
講談社 刊
発売日 2010-05-21
オススメ度:★★★★




2つのテーマを扱っている 2010-10-02
 2つのテーマを扱っている、土地神話の崩壊と医療の崩壊である。
土地神話も崩壊しているのに、今でも、家賃を支払い続けるぐらいなら、資産が残る持ち家・マンションを買う方がいいという判断は本当に妥当かという問題提起であるが、現時点では、読むまでもなく結論は自明であろう。 家も車も買った瞬間に値段が下がり、付随する出費や税金に押しつぶされるのが関の山であろう。
しかし、現実には、家を買ってローンを地道に返していくという生活が、むしろ堅実なものと見られているが、実は、少ない元本で信用取引をしているようなリスクの高いものだとの見立てはおもしろい。
むしろ、「医療崩壊」が個人では対応できないので重要な問題であると感じる。本巻ではその問題が現実生活に与える影響を正面から取り上げている。

 本巻で本田さんに語らせているのは、医療過疎が都会でも起こるということだ。人口に対して医師数が少ない千葉と埼玉が厳しいそうだ。
 最近の厚労省の調査でも、「勤務医数の地域差2倍」という結果が出たようだ。多いのが高知、徳島、少ないのが埼玉、三重だそうだ。

 なお、巻末に、脈絡は不明だが、「現役官僚の言い分」として、本音ベースの話が出ている。おもしろいと感じたのは、

 ・官僚批判の一部が正しいことは認めるが、事実誤認や、陰謀史観に偏ったものも多い

 ・官僚は批判されるが、反論の機会は与えられていない

 ・利権の動く政治的な仕事は、官僚はプロとして無力感を感じながらやっている

 ・天下りの話は、自分の人生設計に関わる話であるし、自分でコントロールしている話でないので、突き上げて改革というわけにいかない

 ・ジャーナリズムが弱い。時事ニュースに明け暮れて、調査分析が浅い(確かに第一報だけのニュースがどれだけ多いか)

 ・元米財務長官のウィリアム・サイモンは「悪い政治家をワシントンへ送り出すのは、投票しない善良な市民たちだ」(確かに本質はそこにあるのかも)


匿名官僚のコラム 2010-06-26
巻末に、匿名官僚による(おそらく30歳前後の方の)投稿コラムがあり、 それがとても興味深い内容となっています。
官僚の意見をダイレクトに聞く機会があまりないので、 楽しく読ませて頂きました。
日本の大きな問題の一つに、ジャーナリズムの未成熟を あげておられましたが、まったく同感です。

こういった機会を官僚に与えるのもとても大事な事です。 講談社、及び作者の三田さんに賞賛の声を送りたいです。
漫画自体の内容もとても面白いです。前巻より見出がありました。 特に、リスクの考え方は共感するものがあります。
自己責任社会である現代において、本当のリスク回避は、 自己のポリシーを信じる事であると感じています。
実際、私の友人においても、リスクの高そうな芸術の分野に 飛び込んだ人たちがいますが、強い信念の元に次々に結果を出しています。
世の中のもやもや神話なんて「くそくらえ」ですね。


ちゃんちゃんこ 2010-06-24
ストーリーはいつも通りの感じです。
普段オシャレな服着てる井野さんが部屋の中でちゃんちゃんこ着てます。
今までもですが井野さんの部屋は結構汚く、良く言えば細かい事は気にしない、悪く言えばガサツな部分が部屋の状況から読み取れておもしろいです。


さらに詳しい情報はコチラ≫

拍手[2回]


11 2016/12 01
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
HN:
ホットドッグマン
性別:
男性
趣味:
読書(ビジネス書・小説)
自己紹介:
ドラゴン桜・エンゼルバンクは非常に説得力ある話が満載です。三田先生の漫画を紹介することで今より挑戦する人たちのお役に立てればと思います。
次のページ>>
Copyright ©  -- ドラゴン桜・エンゼルバンク・三田紀房の漫画 --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Photo by Geralt / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ