忍者ブログ

ドラゴン桜・エンゼルバンク・三田紀房の漫画

ドラゴン桜・エンゼルバンク・クロカン・マネーの拳・銀のアンカーなど三田紀房の漫画作品を取り上げています。

カテゴリー「ドラゴン桜」の記事一覧

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ドラゴン桜 (15) (モーニングKC (1548)) |三田 紀房

ドラゴン桜 (15) (モーニングKC (1548))ドラゴン桜 (15) (モーニングKC (1548))
三田 紀房
講談社 刊
発売日 2006-09-22
オススメ度:★★★★




ポジティブな言い訳 2008-02-03
社会人になると言い訳は出来ない。

それは、どんな場合においてもだ。

ただし、自分自身に対する(口には出さないが)ポジティブな言い訳はOK。

これは次回失敗しないように重要である。

敗者の言い訳。 2007-05-12
この巻は精神面・体調面のケアが中心。

人間、自信を失うとやる気が出ない。こんなときには過去の実績が頼りになる。他の人よりも努力したんだから負けるはずがない、と思うことが一番効果的。その際、過去の実績を手帳に書き記すってのは確かに良い方法ですね。

体内時計の話は、人間は日光に当たることで体内時計をリセットしていると新聞で読んだことがある。起床時間を一定にすることも、昔から規則正しい生活とよく言われているように、ちゃんと意味があるんですね。睡眠導入には耳が大きく関係しているという話は初めて聞いた。聴覚は自然に感度調節されるんですね。言われてみれば「うるさすぎて寝れない」「静かすぎて寝れない」というのは定番だもんな。

でも、この巻で一番気に入ったのは、言い訳のところだなぁ。「敗者の言い訳」と「勝者の言い訳」とは、うまいこと言いますね。相手を批判して自分を正当化するための弁解のような言い訳が敗者の言い訳。改善するために自分の欠点を見つける言い訳が勝者の言い訳。どちらの人が成長するか一目瞭然ですね。

手帳活用術 2006-12-04
水野直美が勉強しても成果が上がらず自信を失いスランプとなった時、

立ち直らせるのに有効だったのが手帳に学習記録を書き込むことでした。

その日に勉強した内容を手帳に書き込むことで、その成果を量として

確認できようになり、不安を解消できると言うのです。

その他、手帳でカウントダウンする方法、

番外編として元祖手帳マスターの吉田たかよし氏の手帳活用術

も載っていてタメになります。


さらに詳しい情報はコチラ≫


拍手[0回]

PR

ドラゴン桜 (16) (モーニングKC (1561)) |三田 紀房

ドラゴン桜 (16) (モーニングKC (1561))ドラゴン桜 (16) (モーニングKC (1561))
三田 紀房
講談社 刊
発売日 2006-11-22
オススメ度:★★★★




何かを学ぶ時の教科書 2008-03-06
教科書というのは大げさなのかもしれないけど

もっと早くこの漫画を読んでいたら、もっと自分が成長したのでは?と考えせられる

部分が大きい。

この話は東大受験がテーマだが、私は大学受験をしたことがないので分からないけど

何かを一から学ぶときにこの漫画は本当にいいと思う。

あと人間関係を良くする方法とかも刷り込まれている。


人間って成長したいし、成長したのを自分で確認したいし、成長したなぁ〜と言われたい

んだなぁと本当に思った。


お日様西西で働くのは空しい。


この漫画は、最初は型にはまることに徹底的にこだわる。

それは基本が身についてないと応用が効かないというようなことだろうか・・

型にはまることで客観性が身につくというのもあるのかもしれない。

やはり、積み重ねの基本の努力をしてない者が偉そうにいう資格はない。

基本の練習があってのものなのだと悟った。


客観的に観る事が出来ることは、ストレスとためないことにも関係する。

完璧主義をすてる(出来ない問題はとばす)

出題者が何を投げかけてきてるのかを読み取る(コミュケーション力・ポイントを絞る)


とりあえず、試してみたいものは メモリーツリーと 手帳 あと 計算

計算苦手なんですね・・今でも・・・本当に小さい時にやっとけばよかった・・・


要領がいいということは悪い事ではないですね。ポイントをついたことをやってると

いうことなのだから。くそ真面目はもちませんw

生まれ変わり 2008-02-03
人間の細胞の9割が1年で生まれ変わるとは驚き。

それでは、1年たったら別人といっても差し支えない。

これは、何かを始めようとするときには、覚えておいて損はないだろう。

1年後の別な自分を創るために。


また、ミスを防ぐ方法として、勉強の基本姿勢が紹介されているが、

確かに思い当たる節がある。

いろいろ勉強させてくれるマンガだとつくづく思う。

人は変われる。 2007-05-12
前巻では、自信をつけるための方法が紹介されていたが、過剰な自信はミスを生む。この巻では、ケアレスミスを防ぐ方法が紹介されている。

例えば心と身体はつながっている。確かに適度の運動や、姿勢・歩き方でだいぶ気持ちが変わる。指先に視線を集中すると集中力が上がるというのは、なにかで聞いたことがある。野球のピッチャーは、ピンチの場面などに、手に取ったボールを見て集中しているとか。あと、心拍数を上げることでも、集中力が上がると聞いたことがある。緊張感が薄いときは少し運動して心拍数を上げるといいそうだ。

自分を客観的に眺めるために、鏡を見たり、自分のありのままの状態を素直に認めたりすることは、日ごろから心がけたい。本番に強い人間になりたいから。

また、聞き漏らしも、ミスの原因になり得る。聞き漏らしの大きな原因は「どうせ下らないことを言ってるんだろ」「俺には関係ないや」と思うこと。桜木提唱の「この人は無駄なことは言わない」「この人は俺だけに言っている」と思うことは、聞き漏らし防止に大いに役に立ちそうだ。

さらに、ちょっとした工夫でミスを減らすこともできる。この巻で紹介されている数学の計算テクニックは非常に有益。「10を作る」「公式に当てはめる」「桁を合わせる」といった基本的なことで、計算スピードはぐんと上がる。とっても面白い。難しいものはなるべく簡単にする。この考え方は、どんな仕事にも応用できる基本的な技術ですね。しかし学校では、こんなこと教えてくれなかったなぁ。

この漫画は、学業だけでなく、「仲間を作れ」とか「人間は変われる」とか、いろんなこと教えてくれるから非常に読んでいて楽しいし読んだ後に何かが残る。それにしても、人間の細胞は1年で約9割が変わるというのは、改めて言われるとスゴイことですね。


さらに詳しい情報はコチラ≫


拍手[0回]


ドラゴン桜 17 (モーニングKC) |三田 紀房

ドラゴン桜 17 (モーニングKC)ドラゴン桜 17 (モーニングKC)
三田 紀房
講談社 刊
発売日 2007-01-23
オススメ度:★★★★




一喜一憂しないように 2008-02-03
矢島の父母と桜木の会話は、親として重要である。

愚息は誰のために勉強しているか。

自分のためとは信じたいが、親のためというのも多分にあるように思う。

中学受験するわが子をつぶさないために、

一喜一憂しないを肝に銘じよう。

でも、ついついよかったら誉めるし、悪かったら・・・なんだよなぁ。

父親は大仏のように、母親は観音様のように。 2007-05-13
この巻では、受験生を抱える親のあり方が学べる。

「子供の成功を望まない親がどこにいる!」と我が子に過度のプレッシャーを与える親の正体は、実は「周りの人に子供を自慢したい」だけの親だったりする。すぐに成功しなくてもいいじゃない。子供の頑張りは将来にきっと成功の糧になる。結果を求めず努力や過程だけを認めてやることのできる人間は親だけしかいない。真実を語る素晴らしい台詞に打ちのめされた。

激励するだけが能じゃない。子供の状態をしっかり把握して不足しているものを補うことが重要。頑張りすぎているときには息抜きをさせ、悩んでいるときには相談相手になる。親は手柄を欲しがってはいけない。必要がなければ何もしない方がいい。父親は大仏のように動じず母親は観音様のように微笑みを浮かべる。過度の干渉を止め、環境作りやサポートの裏方に徹する。寂しくても子供の独り立ちは親にとっての喜びであるべき。「親のため」ではなく「自分のため」に勉強する子供を誇らしげに眺めるべきなのだ。彼らはいずれ「社会のため」に何かを成してくれるだろう。

あと、予言や思い込みがそれを実現させてくれるというのも結構よかったなぁ。予言は自分や他人を引っ張って成功に導いてくれる。洗脳ってやつも、使いようで役に立つということですね。また、期限の決められた仕事をする上では、材料を選択して集める時期と、集めた材料を活用する時期と、をしっかり分けることが重要だ。その意味で、参考書選びの勝負は見事だったなぁ。さらにこの一件で、ものを教える立場にある人が絶対に覚えておいた方がいいことに気付いた。学校では、教える側の人があれもやれこれもやれと己の教師としての能力の未熟さを生徒に負担させているケースが多い。しかし、受験生は不安からあれもこれもと詰め込もうとするから、本当は教える側がそれはやらなくていいこれだけをやれと制止してあげなきゃいけない。そして、教師は問題を見てパターン化できなきゃいけない。生徒が苦手なパターンの問題をすぐに用意できるくらいじゃなきゃ、教育のプロとは呼べないな。

最後に、この巻での水野の急浮上は、見ているこっちまで嬉しくなった。頑張ったもんなぁ。努力したからこそ得られる喜び。負けることを恐れて初めから戦いに参加しない人は一生この喜びを体験することがないだろう。

自分で勉強する 2007-02-10
センターまで46日、東大2次まで81日。

この巻の重要なテーマは、ということ

東大合格をエサに勉強を始めた水野と矢島は、ごく自然に

自分から勉強するようになります。

弁護士桜木によると、この時期は、ひたすら、収穫することに

専念し、新たな問題に手を付けてはいけないと言います。

妻も、高校受験の最後に、過去にやった問題集の間違を

繰返し繰返し解いたことで、予想外の好成績が取れたと言います。

息子も、この方法に習って間違った問題をなんべんも

やらされたようですが、何回やっても同じ間違いを繰り返して

いるようでした。

弁護士桜木は、自分の意思で自発的に勉強を始めたものが

強いと断言します。

(ドラゴン桜17 参照)

また、この巻、桜木の言う受験生の親のありかたが参考になります。


親として身につまされる話題がさらりと

描かれていて参考になります。


さらに詳しい情報はコチラ≫


拍手[0回]


ドラゴン桜 19 (モーニングKC) |三田 紀房

ドラゴン桜 19 (モーニングKC)ドラゴン桜 19 (モーニングKC)
三田 紀房
講談社 刊
発売日 2007-05-23
オススメ度:★★




本番に弱い? 2008-02-05
実はわが子が本番に弱いタイプではないかと危惧していたところに、

この話である。

大いに参考にさせてもらった。

どこまで効果があるか楽しみである。


さらに詳しい情報はコチラ≫


拍手[0回]


ドラゴン桜 18 (モーニングKC) |三田 紀房

ドラゴン桜 18 (モーニングKC)ドラゴン桜 18 (モーニングKC)
三田 紀房
講談社 刊
発売日 2007-03-23
オススメ度:★★★★




高3の期末試験 2008-02-03
描かれているように、高3の二学期の期末試験をおろそかにした奴には、

私自身の経験から言っても、受験においていい結果は出ていなかったように思う。

あの時期は、矢島が言うように、

「そんなことやってられるか」という雰囲気がクラスを支配していた。

でも、結果を出した奴はきちんとやってたんだなと、今にして思う。


予言の自己成就については、私自身・息子にも試してみたい。

学校の意識改革も重要 2007-03-23
龍山高校を進学校に変えていくには学校側の意識改革も必要だということをこの巻で学びました。やたらと生徒をえこひいきする井野先生(実際こういう先生はいました)、やたらと偽善者ぶる高原先生の下でどのように龍山高校を改革していくのかも興味があります。もちろん、二人の東大合格にも興味がありますが。矢島の家庭教師の本田先生が龍山高校の教師になったら面白い展開になりそうですね。


さらに詳しい情報はコチラ≫


拍手[0回]


05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
HN:
ホットドッグマン
性別:
男性
趣味:
読書(ビジネス書・小説)
自己紹介:
ドラゴン桜・エンゼルバンクは非常に説得力ある話が満載です。三田先生の漫画を紹介することで今より挑戦する人たちのお役に立てればと思います。
 | HOME |  次のページ>>
Copyright ©  -- ドラゴン桜・エンゼルバンク・三田紀房の漫画 --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Photo by Geralt / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ