忍者ブログ

ドラゴン桜・エンゼルバンク・三田紀房の漫画

ドラゴン桜・エンゼルバンク・クロカン・マネーの拳・銀のアンカーなど三田紀房の漫画作品を取り上げています。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


エンゼルバンク 3―ドラゴン桜外伝 (モーニングKC) |三田 紀房

エンゼルバンク 3―ドラゴン桜外伝 (モーニングKC)エンゼルバンク 3―ドラゴン桜外伝 (モーニングKC)
三田 紀房
講談社 刊
発売日 2008-07-23
オススメ度:★★★★




まずは自分が転職したいのか、本当の気持ちを確かめてみよう 2009-07-27
この不況の時に転職を考えるなんて、無謀かもしれないし、ましてやお気楽な地方公務員の身としては、そのぬくぬくとした地位を捨ててまでと思うことはあるが、やはり、このまま、自分が一生この職場でやっていくのかと思うと耐えられない。

そんなことを考えながら、このコミックを読んでいると、改めて、自分の相場価格が低いことに気づく。

やっぱり起業しかないのか。

でも、まずは自分が転職したいのか、本当の気持ちを確かめてみよう。

なんて、コミックを読みながら真剣に考えさせられた。

「転職」向きか「起業」向きか 2008-08-14
 最近、マンガばかり読んでいる気がするが、やはり気になる作品の新刊が出るとつい買ってしまう。本書は、待望の第3巻。


 第2巻で、どうにも転職先がなさそうな二人の転職希望者に、助けを得て井野はベンチャー企業の社長秘書、中高年のみが社員という技術会社を紹介することで無事に「選択肢」を示すという職責を果たすことができた。

  

 しかし、そのベンチャー企業の社長は、実は転職志望であったのを、海老沢が焚きつけて起業させてしまったという実例であった。

 「怒れる」人は社長向き。

 つまり、まっとうに「怒れない」人は、人の上に立てないというのは自分としても気になるメッセージ。


 ただ、全般的には、1巻、2巻に比べて勉強になる面が少なくなってきたと感じていて、次の巻を買うかどうかは微妙。

 若者がなぜ新卒後、会社を辞めたいと思うのか、そして辞めていった人はどうなるのかという辺りをもう少し深めて欲しい。あと、外資への転職は成功するのかとかにも興味があるのだが。


 また、景気の悪化とともに、「売り手市場」から「買い手市場」となりつつある状況もうまく描き込んで欲しい。 

転職アラカルト いよいよ普通の問題へ・・ 2008-08-03
やっと3巻に入って最後に普通の「問題児」が登場する。だらしない、気がつかない、話を聞けない、意見を言えない・・・ この転職がどう展開するか、とても期待が持てる。しかもそこから進む話が定食屋とは、またおもしろそう。


1−2巻を読み進んできて、わりとパターン化された転職希望者を描きながら、今の労働環境や雇用者ー被雇用者のギャップ、若者のメンタリティ、社会の動向などにさりげなくふれられていて、おもしろいと思いながら読んでいた。

でも、このパターンで進むとわりとネタが尽きるのではと心配になり始めていた。ところがこの3巻で「普通の問題」をたくさん抱えた若い転職希望者が出てきた。まだまだ話はふくらみそう。期待がふくらむ。


さらに詳しい情報はコチラ≫


拍手[0回]

PR

COMMENT

Name
Title
Mail
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧

TRACKBACK

Trackback URL:
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
HN:
ホットドッグマン
性別:
男性
趣味:
読書(ビジネス書・小説)
自己紹介:
ドラゴン桜・エンゼルバンクは非常に説得力ある話が満載です。三田先生の漫画を紹介することで今より挑戦する人たちのお役に立てればと思います。
<<エンゼルバンク 6―ドラゴン桜外伝 (モーニングKC) |三田 紀房  | HOME |   【中古】B6コミック 16)クロカン / 三田紀房>>
Copyright ©  -- ドラゴン桜・エンゼルバンク・三田紀房の漫画 --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Photo by Geralt / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ