忍者ブログ

ドラゴン桜・エンゼルバンク・三田紀房の漫画

ドラゴン桜・エンゼルバンク・クロカン・マネーの拳・銀のアンカーなど三田紀房の漫画作品を取り上げています。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


汗をかかずにトップを奪え!『ドラゴン桜』流ビジネス突破塾 |三田 紀房

汗をかかずにトップを奪え!『ドラゴン桜』流ビジネス突破塾汗をかかずにトップを奪え!『ドラゴン桜』流ビジネス突破塾
三田 紀房
大和書房 刊
発売日 2007-11-16
オススメ度:★★★★




仕事は「higtとlow」で考える 2008-11-14
行間をたくさん取ってあるため、読みやすく一気に読めます。参考になった点を2つ紹介します。仕事は「onとoff」ではなく「higtとlow」で考えるべき、との指摘が新鮮でした。つまり、完全なoff状態にするのではなく、いつも仕事のことを頭においておくことが大切なのであり、その場合、疲れないように「higtとlow」という感覚を持つべきと。確かに何かしらの情報を得たときにも、仕事と組み合わせられないかという風にしなければ、情報も無価値になってしまいます。そういう意味で、「onとoff」ではなく「higtとlow」という指摘は当たっていると思います。もう1つ「仕事はストレスの大小で選べ」という指摘にもうなずけました。安易に好きなことを仕事にする危険性もかかれていましたが、ストレスの少ない仕事の1つとして捉え、そのなかで提供価値の高い仕事を探すべきだということだと理解しました。

事実が書かれています。 2008-06-26
ちょっと奇抜な本です。


言い過ぎのところはあると思いますが、 共感できる内容が数多く記載されています。
即戦力を求むなどの会社は良くないと記載されていますがこれはどこの本にも書かれていることで共感できました。
また、社内公募などで募集している部署などはろくな部署がなく避けるべきだと思います。
要因は同じで自分の部署では育てる能力がなく、公募、もしくは、キャリアなどで人材を取得するしか方法がないような部署だからです。

その他、資格バカになるな!
半径5mの人間関係は転職しても変わらない。
との記載があります。
個々ではかけないくらい大胆な発言がありますが、共感できる部分が多いお勧めの一冊です。

オリジナリティ 2008-05-18
 かなり独自色の強い内容で、「仕事は暇つぶし」と言ってのけるなどなかなかユニークです。
 しかしながら仕事について実はまじめな考えで、「ONとOFFではなくLOWとHIGHだ」などLOWであれ24時間仕事を考えることを提唱しています。本書の内容すべてが効果があるかというとかなり疑問が残りますが新しい考え方を取り入れるという意味では非常に参考になる書籍だと思います。半分くらいの内容は納得できるものでしたし自分でかみ砕きながら納得した項目を実践してみれば良いのではないでしょうか。

 斬新な切り口ということで星4つとさせていただきます。


さらに詳しい情報はコチラ≫

拍手[0回]

PR

COMMENT

Name
Title
Mail
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧

TRACKBACK

Trackback URL:
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
HN:
ホットドッグマン
性別:
男性
趣味:
読書(ビジネス書・小説)
自己紹介:
ドラゴン桜・エンゼルバンクは非常に説得力ある話が満載です。三田先生の漫画を紹介することで今より挑戦する人たちのお役に立てればと思います。
<<エンゼルバンク 6―ドラゴン桜外伝 (モーニングKC) |三田 紀房  | HOME |   【中古】B6コミック 16)クロカン / 三田紀房>>
Copyright ©  -- ドラゴン桜・エンゼルバンク・三田紀房の漫画 --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Photo by Geralt / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ