忍者ブログ

ドラゴン桜・エンゼルバンク・三田紀房の漫画

ドラゴン桜・エンゼルバンク・クロカン・マネーの拳・銀のアンカーなど三田紀房の漫画作品を取り上げています。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


マネーの拳 1 (ビッグコミックス) |三田 紀房

マネーの拳 1 (ビッグコミックス)マネーの拳 1 (ビッグコミックス)
三田 紀房
小学館 刊
発売日 2005-06-30
オススメ度:★★★★




どうせなら‥‥ 2008-07-28
億万長者の塚原氏が「儲かるよ」と断言する

通信講座での儲け方を教えて欲しかった‥‥

商売の神髄に迫る本って実はなかったかも 2008-04-06
 「ドラゴン桜」から「銀のアンカー」、「エンゼルバンク」と読んで、こちらに来た。

 前三作に比べると、主人公である花岡とリッチマン塚原の会話がトリッキーで、メッセージがちょっと捉えにくいなぁという印象だ。

 うまく咀嚼することが自分にできるか心配。

 これはベンチャービジネスを扱いながらも、金儲けの神髄という誰もが捉えられそうで捉えられない得体の知れないものをテーマとして扱っているからであろう。


 第1巻のメッセージは、ビジネスマンというか商売人の心得であろう。

 商売人の極意は「嘘つきである」ということである。

 しかし、実際に売れたり、それに満足すれば、嘘が誠になる(つまり、「本物の嘘つきは嘘をつかない」)。

 ただ、それに甘え、嘘で固めた自分に都合のいいルールで商売をするとマーケットから退出を求められる。この加減が難しいというのは実によくわかる話である。


 また、儲かるビジネスの3要素(設備投資がかからない、季節性が薄い、商品のロスが少ない)を塚原に語らせている。

 商売は、自分が「うまくいく」と思った時点で既に客観性を失っていて失敗するというのも一理あると思う。他にも広く通じる話であろう。

ビジネスの3つの基本にもう1つ  2007-11-25
ビジネスの基本


 1設備投資は安く

 2売上が季節に左右されない

 3商品ロスが少ない


僕がもう1つ加えるとすると


 4業種はロケーション(地域や国などミクロ、マクロな視点で)を考えた上で


4は飲食店なら一番気をつけなければいけません。

でもいい場所は家賃が高い。すぐ競合が近くにできる。

儲からないでしょう、日本では。

僕が日本でビジネスをするなら飲食店はしません。


これからビジネスする人したい人は読みやすいこともあり、

このコミックを読んでからでも遅くはない。


おすすめ度が4つ星なのは、

ホームレス10人を雇ってスタートする非現実的なところが、

やはりマンガだなと思ってしまったところです。

ホームレスをどうやって仕事にやる気を持たせたか、

そこが知りたかったのに。その場面がなかったところをみると、

このことは意味があったの?と思いたくなる。

いずれにしても読む値打ちは十分認められる良質のコミックだと思う。




さらに詳しい情報はコチラ≫


拍手[0回]

PR

COMMENT

Name
Title
Mail
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧

TRACKBACK

Trackback URL:
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
HN:
ホットドッグマン
性別:
男性
趣味:
読書(ビジネス書・小説)
自己紹介:
ドラゴン桜・エンゼルバンクは非常に説得力ある話が満載です。三田先生の漫画を紹介することで今より挑戦する人たちのお役に立てればと思います。
<<エンゼルバンク 6―ドラゴン桜外伝 (モーニングKC) |三田 紀房  | HOME |   【中古】B6コミック 16)クロカン / 三田紀房>>
Copyright ©  -- ドラゴン桜・エンゼルバンク・三田紀房の漫画 --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Photo by Geralt / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ